Princeと久保田洋司さんの親和性


 
こんにちは。またまた楽曲について語らせてください。最初に注意書きさせていただきますが、以下全てあくまで私個人の解釈であり推測及び感想文です。なので「こんな考え方もあるな」程度に捉えてやってください。





今からちょうど1年前になる2016年7月11日月曜日、少年倶楽部の収録でPrinceの初オリジナル曲となる「Prince Princess」が初めて披露されました。*1


不遇の冬を越えて本当にやっとの思いでもらえた3人だけのためのオリジナル曲。それだけで私たちにとっても3人にとっても大切な曲なのに、この曲のメロディーと歌詞はもう100000億満点で素晴らしかった。


朝までひざを抱えてた
Oh Prince Princess 顔をあげて
星空は君を包んでた 心がうつむいても
踊るように歩くくせが
そのままにすり減ったクツの底愛しいよ
笑顔見せて

誰もがこの星の大切な Prince Princess
未来は君の手に託される
ボロボロになってもダメダメになっても
立ち直れる君は Prince Princess
誰もが空の下美しい Prince Princess
扉を開くカギ握ってる
ボロボロの涙でビショビショになっても
立ち上がれる君は Prince Princess


この歌詞の基本の筋としては、
辛いこと、嫌なことがあるかもしれないけど君は絶対に立ち直れる。未来は君が君の手で切り開くんだよ。
ということかなと。実に捉えやすくストレートだけど優しくて、スッと心に沁みこむ応援歌。


だけど「君」は立ち直れたから偉いね、すごいね、ということなのか、若しくは今はまだ立ち直れていないけど絶対に大丈夫だよ、ということなのかは人によって解釈が違ってくるところなのかな。


でも色々な解釈ができるからこそ色んな状況の人を励ませられるし、万人に受け入れられる理由なんだと思います。




そして今日2017年7月7日放送の少年倶楽部でPrinceがDREAMIN' BLOODを披露しました。


DREAMIN' BLOODという曲は関ジャニ∞の楽曲で、Jr.時代から歌われていたもの。作曲は谷本新さん、そして作詞は久保田洋司さんです。

夢見ることをやめない
僕らの中のDREAMIN' BLOOD
何度生まれ変わっても君とここに立とう
夢はめぐり続ける
星座が駆けるように
さあ行こう
僕らには夢を叶えられる力がある


いや最高かよ……。

がむしゃらにできる若い今だからこそ、デビューという夢を追い続けるJr.だからこそ歌ってほしいとずっと願ってた一曲。




先日発売されたSTAGEnavi*2で、

「絶対にPrinceじゃなきゃ、ってことではない」
「個人個人という意識を持っていないと」

と、達観した意見を述べていた3人。


これを読んで全く衝撃を受けなかったといえばもちろん嘘になるけど*3、グループに対しての愛やプロ意識の高さも十分すぎるほどこちらに届いている上での発言だったので、全面的に信頼を置いているから心配はまったくしてないです。

それでも少々Twitterを騒がせたのは事実でした。


その上での今回のこの選曲。


そしてそれに添えられた

「Princessを一生守って愛したい」(岩橋)
「Prince3人で一緒に過ごしていきたい」(神宮寺)
「億万長者になりたい」(岸)*4

という3人の願い。



何度生まれ変わっても君とここに立とうって・・・


僕らには夢を叶えられる力があるって・・・



身体を流れる血が夢を追いかけてるんですよ………細胞レベルですよ………


あまりにエモくて、承太郎の本気の一撃を受けたときか、目的地寸前にぶっとばしカードを使われたときくらいの衝撃を受けた。*5




グループに固執しているわけではないと言いつつも、3人が3人とも本当にPrinceというグループ、そしてお互いを大切にしているんだなあと。



この2曲だけで「偉大すぎる…」と感じていたんですが久保田さんが今までジャニーズに提供されてきた楽曲を調べていたら、もうじゃんじゃん出てくる。


えっこれも……これも久保田さん……全部久保田さん……俺もお前も久保田さん……状態。

どこか大人びて見えた あれは口紅のせいだって
今ならさまざまに思い当たることもあるが

忘れてしまっても忘れはしないよ 胸のどこかが

台風ジェネレーション/嵐)
 

星と星とをつなぎ 君と僕を結ぶ
だから笑って Smile Tonight

君に自慢できるような毎日じゃないけど
君だけを想ってること 誇りに生きて

(君だけを想ってる/嵐)
 

夜は夜になるため 太陽を犠牲にするという
永遠なものなんてない
それでも星は二人の上で光る

to HeartKinKi Kids
 

飛ぼうと決めたから 鳥は翼を得た
翼があったから飛んだわけじゃない

(DREAM BOY/DREAM BOYS劇中歌)
 

「愛しさはどこから?」って いつか君
悲しさと同じ場所だろう

(切なさが痛い/SMAP
 

二人で見たあの星座が見知らぬ空に傾くよ
その向こうに君の街の
明かりが見える気がしてたまらなくなる

(無邪気な時間は過ぎやすく/Sexy Zone
 

輝きの一つとして僕らは
星たちの下で歴史を刻む

(Star Time/Hey! Say! JUMP
 


その他にも、嵐の代表曲中の代表曲WISHに始まり五里霧中、テ・アゲロ関ジャニ∞プロ∞ペラKinKi KidsAnother Christmas、NEWSのDREAMSHey! Say! JUMPDreams Come True、心・技・体、ス・リ・ルSexy ZoneカラフルEyes、よびすて、シャンデリア・アベニューなどなど、そうそうたる名曲のオンパレード。


この中にPrince Princessがあるんですよ…。

しかも登録されたアーティスト名も「ジャニーズJr.」じゃなくて「Prince」表記なんですよ………。

最高じゃん………。



そしてこの抜粋を見ていただくと分かると思うんだけど、結構な割合で「星」というワードが使われています。


そしてそれはPrince Princessも例外ではなく、

「星空は君を包んでた」
「誰もがこの星のPrince Princess」

など(「この星」は地球のことだろうけど)。


その他にも「踊るように歩くくせ」だったり表現が全部綺麗で、すごくキラキラした情景が目に浮かぶし、三者三様でありながらもそれぞれが王子様の王道をゆくPrinceに本当にぴったりで3人がより輝いて見える。


ありがてえありがてえと久保田さんにプリンを御中元として送りたい気持ちを抑えつつ、ネットに掲載されている限りですがインタビュー記事を調べていたらこんな記事が。


ブログにライヴの写真をアップしながら思ったんですけど、この写真は数日前まではなかった写真なんだよなあって。それまではぜんぜん存在しなかったものがそこにある。なんであるかっていうと、時が流れたからなんですよ。その数日間っていうのは短いですけど、時が流れたからこそ存在しうるもの、出会えるものっていうのを毎日見つけながら表現していく。僕らに限らず、自分たちにしかできないものってみんなが持ってると思うんですよ。時が流れていって、そこで出会ったものを拾い上げるかそのまま通り過ぎるか──僕らはそれを拾いまくって、これ昨日までなかったけど、こんなすごいものを今日は持っている、そんな感じでやっていけたらなあって思いますね。

(2012年7月掲載Musicshelfより)



「時が流れたからこそ存在しうるもの、出会えるもの」


これって・・・

この最たる例が「星」なのでは?


例えば、夏の大三角の一つで織姫の星としても知られるベガは地球から25光年離れている。つまり今見えるベガは今から25年前に発せられた光が地球に届いたものであり、過去の産物。*6


これって、まさに時が流れたからこそ出会えたものの一つではないのか。


星や星座という「時が流れたから出会えたもの」を通してメッセージを伝えようとしているのではないのか。


あくまで妄想レベルに私の想像なので本当のところはわからないけど、辻褄が合いすぎてめちゃくちゃ興奮してしまった。



先ほど書いた通り、久保田さんの書いた歌詞には星座や夜空の情景が描かれることが多い。

Prince Princessも例外ではなく、そのキラキラとした表現の歌詞が最高に彼らにマッチしています。


久保田さんの「王道」とPrinceの「王道」が重なってあのとんでもない名曲になったのではないかなあと感じるのです。


Prince Princessはただ曲がいいというだけではなくて、Princeの3人が歌うからより輝くんだと。



キラキラした人がキラキラした曲を歌えばキラキラのエターナルなんや!!!!!



つまり結局言いたいのは久保田さんが書く歌詞とPrinceの相性はバツグンすぎるのではないか・・・ということです。



Princeの初オリ曲の作詞が久保田さんで本当によかった!!!!!


Princeよ、もっと久保田さんの曲を歌ってくれ!!!!

そして久保田さん、ますますのご活躍をお祈り申し上げます!!!!



久保田さん本当にありがとうございました!!!!!


 

※これはすべてあくまで私の感想及び想像です。



 

*1:放送日は8月3日。サマステの平プリ公演(7/30、31、8/1、6、7、10、13、14)で放送より前に見た人も多い

*2:とにかく岸くんの顔がいい

*3:Princeは3人にとって初めての流動性のないグループだから、正直かなり意外だった。私が思っていたより遥かに彼らは大人だった

*4:自担がごめんな

*5:ジョジョ全然詳しくない

*6:光速×宇宙時間=距離ではなかったり光が届くまでにもまた時間が経過してうんちゃらかんちゃらで正確に25年なのか分からないんだけど物理化学がめちゃくちゃ苦手な理系だったので全然意味分かんないし、本題はそこではないのでスルーさせてくれ

ジャニーズJr.に歌ってほしい関ジャニ∞の楽曲の話

 

 
これを書きたくてブログ開設しました。

ずっとちびちび書いてたんですが出すタイミングが分からず……「自担に歌ってほしい曲ランキング」みたいなのをJr担の方数人のブログでお見かけして、便乗するしかない(言い方)と思い記事公開に至りました。


さて突然ではありますが、とりあえず声を大にして言いたい。


関ジャニ∞はいいぞ。


何がいいって全部いいんだけど、歌う曲がいい。つくる曲がいい。

そう、彼らはトンチキ曲を安っぽいカラーのつなぎを着て歌っている姿がすべてではないのだ。むしろ割合的には少ないくらい。


「冬は休業中です」「夏しか俺たちと連絡取れません」みたいなグループイメージで売ってるくせに(?)、

冬ソングが圧倒的に多いし失恋ソングも圧倒的に多い。



♪クリスマス前に別れて一人で過ごすイブに

って歌い出しの曲なんかも存在する。何があったんだよ…。(最初から最後まで結局理由は教えてくれない)

と、まあこういう曲をはじめ、いわゆる「エイトっぽくない曲」や隠れた名曲が多々ある。



なのにグループイメージが先行しているのか、関西のグループだからなのか、歌ってるけどただ単にわたしが知らないだけなのか分からないけれど全然Jr.が歌ってくれない

キンキ、KAT-TUN、NEWS、キスマイ率高くない?どうした?そこまでいったらエイトもいれて?


と思っていたら彗星の如く現れた新グループ、Love-tuneがめちゃくちゃ歌ってくれるじゃないか。嬉しすぎる……………。


カッコいいんです。
エイトの曲ってカッコいいんですよ。
もっと掘り起こしてほしい名曲沢山あるんですよ。


前置きにタラタラ1000文字近く使ってしまった…。本題に参ります。


ここ数年の曲はあまり知らないので偏りが出てしまう部分もあるとは思いますが、Jr.に歌ってほしいっていうかただオススメのエイトの曲を紹介をしていきたいと思います。よーい、ドン!


Prince

 

Cool Magic City

  • シングル「浪花いろは節」収録
  • DVDは色んなのに収録されてます(ごめん)

A面では演歌を歌いおったまげさせておきながら、まさかのB面で本領発揮したと言われている(?)伝説のデビューシングルのカップリング。そのギャップにオタクの心はえんやこらせのどっこいせ…。若さゆえの爽やかさ、勢い、色んな甘酸っぱいものを詰め込んだような曲。キンプリで歌ってもいいかもしれない。サビ前の「It's Cool Magic」で手を前にひらひら〜ってさせる振り付けがあるんだけど、ぶっちゃけそれをやってほしいという気持ちだけで選曲しました。きしひらあたりに外周とかで向かい合ってその振りやった後ちょっと笑いあってからすれ違った直後にサビに入って腕をぶんぶん振ってほしい(脳内再生余裕)


DREAMIN' BLOOD

  • ミニアルバム「感謝=∞」収録
  • DVD「Excite!!」「Spirits!!」収録

個人的にエイト初期の若い時にしか歌えない曲が大好きなんです。色んなことに慣れてきてしまう前の、デビューしたくて、売れたくて、夢に手が届きそうで届かなくて、必死に何かを追いかける今こそ歌ってほしい。明るくて爽やかなのにどこか切なくて本当にいい曲。

夢見ることやめない
僕らの中のDREAMIN' BLOOD
何度生まれ変わっても 君とここに立とう
夢はめぐりつづける 星座が駆けるように
さぁ行こう 僕らには
夢を叶えられる 力がある

「僕らには夢を叶えられる力がある」って……(死)自担が歌ったらオタクは自分の涙で溺れ死ぬしかないですよね。あと「星座が駆けるように」とか表現がいちいち綺麗!!好き!!!!!ていうかまずタイトルがもう。身体を流れる血から夢を見てるんですよ…。この人たち細胞レベルで夢追いかけてるんですよ…。最高じゃん…。
エイトもこの当時デビュー直後でまだ声も若い時なので、今ほどの安定感がないのがまたいい。CDでは帝劇のプロデューサーこと内くんのプリティーボイスも聴けるのでぜひ。

<2017/4/8 追記>
作詞者の方がPrince Princessと同じ方だったことが発覚
そりゃ好きに決まってるだろバカ!ドリブラ好きなら百億%プリプリ好きだしその逆もまた然り。保証する。ていうかなんでプリプリが初披露されたとき「へーCARNIVAL NIGHTの人なんだ!」で終わらせたんだよ自分バカじゃねーの………

<2017/6/13 追記>
Princeが歌った。我が生涯に一片の悔いなし。

※放送前につき未視聴


Winter pop

  • シングル「ひびき」収録

最高に優しくてちょっぴり懐かしい気持ちになる歌を歌わせたら銀河一と評判のPrinceの皆さんにピッタリなのがこの曲です。まさかの本家もライブ未披露…!?円盤に残ってたら教えてください。買います。そのくらい好きな曲。歌詞が可愛いんですよね。

何十年かけてでも伝えたい愛のメッセージ
どんな昨日より遥かに輝くこれからを
何百年ずっと傍で
そのくしゃくしゃの笑顔見せてよ

何十年経ったとしても変わらない愛のメッセージ
どんな昨日より遥かに輝くこれからを
何百年ずっと傍で
そのくしゃくしゃの笑顔見てるよ

イケメンか?嵐か?
Prince Princess然り、Princeはやっぱり全人類を温かく包み込むような力があると思うんですよね。ラブアンドピース。雪ん子みたいなモコモコフード付きポンチョか、白ベースの私服風衣装着て歌ってほしい。


モノグラム

  • アルバム「8UPPERS」収録
  • DVD「8UPPERS」収録

この曲嫌いな人いるの?レベルの神曲。柔らかくてお洒落で綺麗な曲調で、こういう繊細な曲をたくさん歌ってほしい。ってことで早くPrinceデビューしていっぱい歌ってくれ…!!!ちなみにPrinceにはこの曲でPV作ってほしい。お洒落な一軒家に3人で暮らしてていわちが何かをノートに書いてる途中で寝ちゃったシーンとか、神宮寺がいい感じに陽の当たるキッチンで料理してるシーンとか、岸くんが神宮寺に渡されたメモ見ながら買い出ししてるシーンとか見たい。最後にはいわちが描いてた3人が笑顔で手繋いでる絵が映って終わるみたいな。金なら出すから作ってください。


STANCE

メロディーのデビュー前にもらったオリ曲感がすごい(実際そう)。爽やかで懐かしい感じの…エモさがすごい感じの…。デビュー前後でよく歌ってたけど最近は(私が知る限りでは)めっきり。いつでも歌っていいんだからね関ジャニ∞さん……。

上手く飛べない最高の翼も味方になるさ

ちっぽけなちっぽけな存在なんかじゃないんだ
振り返るのはまだ早い

君じゃなきゃ君じゃなきゃダメなのさ

君じゃなきゃダメなのはこっちのセリフだよ〜〜〜(号泣)なかなか順風満帆とはいかないけど、振り返るのはまだ早い。前だけ向いて進んでいく。Princeじゃん………。名曲な予感しかしないだろう。紛うことなき名曲なので気になったら安心してライブDVDを買おうな!!!!


一秒KISS

  • アルバム「PUZZLE」収録
  • DVD「PUZZLE」収録

じぐいわがじぐいわしながら「まばたきより早くKISS♡」と歌った直後に二人を掻き分け前に躍り出て(;б;エ;б;)キィス!!!!キィス!!!!!って言ってほしいだけ。本当に選曲理由それだけだから書くこと他にない。


アカイシンキロウ

  • アルバム「PUZZLE」収録
  • DVD「PUZZLE」収録

選曲理由:好きだから。アッパーチューンだけど上がりすぎもせずちょっと切なさとかが残る曲が大好物でそれをPrinceに歌わせたい病なので許してください。おすすめは2番の歌詞。本家の歌割も最高だからぜひ聞いてみて。本家のパフォーマンス(歌割の順番にスポットライトが当たっていく感じ…伝われ。そして意外にもガシガシ踊ります)をそのままやってほしい。1番につき3人ずつで歌うので割り振りしやすいと思うから頼む(圧)


ユニット・ソロ曲

 

パンぱんだ(神宮寺・岸)

  • アルバム「FIGHT」収録
  • DVD「EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」収録

タイトルを見て察してくれた通り、紛うことなきトンチキ曲です。横山裕扮するユウユウと丸山隆平扮するリュウリュウという二匹のパンダが……いやホント何言ってるんだって思うだろうけど書いてる自分が一番思ってますから。でもこれ公式なんですよ。

ボクらはなかよし双子のパンダ
くいしんぼうの双子のパンダ

双子のパンダなんだから、Wゆうたでやるしかない!あっどっちもユウユウになっちゃう!どうしよう可愛い!ハラペコリンコ〜!

左:リュウリュウ(28) 右:ユウユウ(30)


アイスクリーム(平野・岩橋)

ヤンマーこと同い年同期コンビ、安田くんとにっきど亮ちゃんのユニット曲。当然のように作詞作曲は二人の共同。行ってないので分からないんですけど、どうやらマイクがアイスクリームの形をしているらしい…。え、かわいい…。死ぬ…。この曲はぜひ同い年のリアルに仲良しラブアンドピースコンビことひらいわにやってほしいです。「大好きな君をひとりじめ♡」はそれぞれ外周を歩いてバクステにて合流した後平野くんに歌っていただきたい(と書きつつ演出はなんでもいい)。姫もとい岩橋さんにみなまで言わせるなんて言語道断!


二人の花(岸・岩橋)

  • シングル「マイホーム」収録
  • 未映像化曲

8UPPERSにて披露されたものの映像化せず。本家は丸山大倉コンビで、羽ついたかっこいい衣装に身を纏うエイトではちょっと珍しい曲。とにかくめちゃくちゃカッコいい。エイトが気になったと思った途端torn*1によって崖から落とされていく人を何万人も見続けてきたがその沼より深いと個人的に思っている。映像化していない故に簡単に布教できないのが歯痒い…!なんとなく宇宙人ぽいヤバさという共通点(雑)が彼らにはあるなあと思って、そんな宇宙人コンビこときしいわ二人にこのギャップ満載の曲を歌わせたら最高なんじゃ…!?と、自分天才なので気づいてしまいました。2015年のサマステではCV岸(カンペで棒読み)でCANDYを歌い上げた岩橋さん。2016年のクリエでは日々リコーダーの技術を上達させてコミカルにはしゃいでいたきしいわ。そんな二人が色気たっぷりに歌い踊る姿を見た暁には出血多量死で確実に逝きますがどうしても見たい。「死因アイドル」ってなかなかだけどどうしても見たい。ぜひともお願いいたします。


だってアイドルだもん(岩橋)

香ばしいですね。何を隠そう、これは大倉忠義くんの未音源化かつ未映像化に終わったふざけた可愛いソロ曲です。ソロコンで披露されたきり彼(曲)の行方は誰も知らないという…。パジャマ着てオオクマ*2持って「だってアイドルだーもんー♪」と歌う姿には少々狂気を感じるが、責めないでやってください。心優しい良い子なんです。今彼がこの頃を資料映像かなんかで見る機会があったらぜひともその反応を見たいものだが、今回はそれは置いておこう。岩橋玄樹は天使。岩橋玄樹は聖母。岩橋玄樹は宇宙。きちんと教育された我々ならなんの違和感もなくこの曲を歌う彼を受け入れられるはずだ………。


Love-tune

 

ローリング・コースター

  • アルバム「PUZZLE」収録
  • 大体のDVDに収録されてる(適当)

エイトと言ったらバーンード!バンドと言ったらローリコス!!!というレベルの代表曲なんじゃないでしょうか。この曲嫌いな人いる?いたら漏れ無く強火ロリコス担NSKDがぶっとばします。定番オブ定番なのに、またかよ!なのに、「思い込んでUp↑ Down↓」って亮ちゃんのソロが聴こえた瞬間「ギャーーーーー!!!!!!!」最早一種の麻薬。ぜひ安井くんソロから始まるローリング・コースターが聴きたいです。ていうか上記の通りエイトのバンド代表曲なので少クラでらぶが歌ってくれる日も全然遠くないと思ってる。むしろ絶対歌われてないわけないよね……誰か既出だったら教えてください。

<2017/5/5 追記>
ハイBクリエで作間くん、大光くんたちが歌った!
み、見たかった…………最近成長著しい彼らのロリコス見たかった…………まだこの目でJrが歌う姿を見られてないので私は引き続きらぶに期待することにします…………無念


『って!!!!!!!』

  • アルバム「8UPPERS」収録
  • DVD「8UPPERS」収録

作曲安田章大、作詞安田&大倉ってもう曲のスペックが天才。しかも普通に良い曲。個人的に好きな曲ランキングでかなり上位にランクインします。

嗚呼、大切と想ってたって
伝えなきゃ伝わらなくって

ほら失って分かるんだって
言ってみても遅いんだって

当たり前すぎて気づけないようなことをグサッと言ってくれる曲です。らぶのバンドで見たいなーーー!!!


イエローパンジーストリート

クレヨンしんちゃんの映画の主題歌にもなったんですが、TWLばかり歌われて結局地上波でもライブでさえも見れずに終わった(かと思われた)幻の曲。一応シングル曲です。数年の時を経て十祭で歌う姿を見れたのは本当によかった…東京初日のあの発表前に衣装で気づいちゃってウズウズして幸せ抑えきれてなかった会場の雰囲気好きでした。
歌い出しはぜひさなぴーにお願いしたい。そしてベース繋がりなのか、なぜかわたしの中で美勇人くんには絶対に丸ちゃんパートを歌ってほしいと譲らない何かがあるのでぜひお待ちしてます。よろしくお願いします。


宇宙に行ったライオン

  • アルバム「FIGHT」収録
  • DVD「FIGHT」収録

確かメンバー(大倉くんかな)が言ってたようにこの曲楽器の演奏がめちゃくちゃ難しくて、それだけじゃなく歌のパフォーマンスも迫力を出せないと完全に曲負けしちゃうような楽曲なんです。素人が聴いててもなんかめっちゃ難しそうに感じる。これやりこなせたら本当にすごいなと思うから、ぜひ挑戦してほしい。シャウトとかかっこいいとこ全部顕嵐ちゃんに持ってってもらってもれなく死に至りたい…。


SixTONES

 

浮世踊リビト

脳内「YOUドームでライブやっちゃいなよ」ランキング堂々の1位を獲得した彼らにはこの1曲。エイターみんな大好き8UPPERS*3のオープニング曲。カッコよすぎてヨダレがダラダラになったのを未だに覚えてます。始末屋として黒スーツに身を包んで一瞬たりとも笑わずにドームの天井から降りてくるスト絶対カッコいい。とても難しい曲なのでオーラと技術が伴っていなきゃ出来ない曲だと思う。いやもうホントとりあえず見て。申し訳ないが見ないと分かんない。でも確実なのは軽い気持ちで見たら待ち受けるのは沼か死かってことです。とりあえず画像だけ置いておきます。

あっ、今背景のネオン文字「SixTONES」で想像したでしょ?知ってるんだから!!!


Masterpiece(SixTONES

エイターだった時の友達に「聴いて損はないが聴いたら死ぬ」と言われておそるおそる聴いたら大爆死したヤベエ曲。思うんだけど早口の曲って大体カッコいいよね?(小学生) サビ前の「そう 止まることない〜」とかきょもじぇにやらせたらヤバそう。なんかよくわかんないけど少子高齢化とか不景気とか解決しそう。本家もどんな演出だったとかは知らないんだけど、すごい風吹かせてガシガシ踊ってそう。センターステージで下からライト当てて風ガンガン吹かせてこれ歌うスト絶対カッコいい。(2回目)

<2016/12/7 追記>
Love-tuneが歌った!!!!!
萩ちゃんの歌い出しも安井くんの「パズルは完成 散りばめる個性」で眉毛クイって上げるのも美勇人の「すべてを捧げればいい」の終わりでちょっと笑うのも全部ヤバイ(語彙力皆無)



ということでこんなところです。
こんなところとか言いつつ8000字超えてる恐怖。なんで大学のレポートでは2000字が書けずに泣いてるのに趣味だとこんな気持ち悪いレベルのスピードで書けるんだろう。レポート4つこなせるやんけ…。
ていうか好き勝手書いてたらいつのまにかエイトの曲紹介になってました。エイトが歌うから好きな曲と分けたつもりだったんですが………すみません。
どこで間違えたんだろうって思って読み返したら多分開始5行くらいから間違えてました。
ていうかマジ自分PUZZLEとパッチ好きすぎな!!!

追記することもあると思いますがとりあえず終わりますありがとうございました〜!

 
 

*1:大倉錦戸コンビによるユニット曲。Tadayoshi OkuraとRyo Nishikido、ここまで書けば勘づいてくれた人も多いだろう。誰だ今安直な発想って言ったの!!数少ない色気全開曲により凄まじい人気を維持し続けている。ヨコヒナがカバーしたこともある(死)

*2:ソロコンで発売されたくまのぬいぐるみ。「大倉」の文字が全体に散りばめられている。正気の沙汰ではない。

*3:2010年下半期から行われたツアー。始末屋という設定の完成度がバカ高い映画がついたアルバムが出たり、その詳細が発表される前には伏線が張られたカップリングやPVがついたシングルが数枚出たりと大がかりなプロジェクトだった。ちなみにツアーもその映画がベースになっている。